自分で管理できない他人の評価、リストラされない自己管理

いつもお読み下さり、誠にありがとうございます。

日本環境教育実践会、山形の中村でございます。



昨日の朝方、4時過ぎのことでしたが、20歳の男性とお電話で話しをする機会が与えられた。




時間もすごいですが、お聞きしたお話の内容もすごくて、感性の鋭い方という印象でした。自己管理能力を持っているのだね。





聞くところによれば、彼は、大手企業にお勤めなさっているのですが、コロナで出勤に制限がかかり、今実際に社員がリストラされていると言う。しかも給料も下がっているという。



リストラは、会社の業績に貢献していない人が真っ先にクビを切られるのだから、他人からの評価がi低い、という事実がそこには存在している。





センスがある子なので、新しい時代が既にやって来ていることを如実に感じ取っていて、驚いたのだが次のアクションを既に起こしていた。




その話の詳細はここでは避けるが、いわゆる「断ったらバカを見るオファー」で高額な商品を販売していた。

日本の経済が物価高傾向、つまりインフレを続けて行くならと言う前提での商品だ。アベノミクスで行われている日銀ETF介入がいつまで続くのか、焦点はそこにある。 もし、このまま日銀が一万円札を原価22円で膨大な金額を刷り続けていくなら、この商品を購入する価値は余りある。 家族にもそのメリットが溢れるほど与えられるものだからだ。




この子は将来かなりの有望株に育つだろうと勝手ながら感じた。





未来を読む、大切なことだ。




彼は、社内で行われているリストラに異常性を感じているようだった。他の人たちはどうしてるの?


と聞いてみたところ、特に今までと変わった様子は見せていないです、と言うことだった。





社内ならば、身内のような仲間たちがリストラされていても、自分の身の危険を感じない人たちが多くいるらしい。


その感性で大丈夫か!と考えてしまう。





仕事を選定するときの基準として、ためになるかもしれない次の二点を挙げておく。


①誰と組むか、どんな環境でやるのか?
②その事業はこれから成長していく分野なのか?

である。








私は既に50の域に入り、後先を考えないでチャレンジをできる年齢ではないから、判断も慎重にならざるを得ない。



自分を常にブラッシュアップしていると、自分にとって最も良い情報が与えられることが多い。





今、リストラに怯える人がもしいるなら、冷静に考えられる余裕があるうちに


様々な情報を取得して吟味することをお勧めする。





トヨタの社長がテレビCMで、過去を観る社長は、私の代で終わりにする、と堂々と語ってるのだ。








ん底に落ちたとき、人は冷静さを失うから、慌ててまずいものを掴む可能性が高くなる。




ある日突然仕事を変えなければならない時、身を守ってくれるのは情報だ。

しかも精度が高く、どんな人がやってる事業なのか判断するのも、その情報が頼りになる。




そして情報はいくつあっても困ることはない。




もう一度言うが、判断する基準を大雑把に2つあげるなら


①誰と組むか、どんな環境でやるか?
②その事業はこれから成長していく分野なのか?

の視点を忘れないで欲しい。






#大リストラ時代

#個人事業主

#独立

#成長分野

@takaki_takehana

10回の閲覧

電話:080-3333-5004 Mail:sitarakouji@gmail.com​ Beauty&Earth Society 日本山形県西村山郡朝日町
特定商取引法に基づく表記​  プライバシーポリシー

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle