再生の大本命?幹細胞培養上清液

最終更新: 3日前

目的

経済不況の問題点は、生産が不足してモノが売れないのではなく、買ってくれる人がいないために困っている点にある。


ビジネスを行う人間、これから起業する人間は、これからやってくる時代の大波を見極めることが重要と考える。


その一つとして、幹細胞培養上清液について考察する。 但し、幹細胞培養上清液そのものの説明は、不親切だがここでは行わない。


読むと得られるメリット

事業の柱の一つとして検討できる

結論

幹細胞培養上清液に関わる商品を販売する事業に携わることは、より利益を上げることが出来る。


根拠1

ピータードラッカーがその著書「プロフェッショナルの条件」の中で、21世紀、次の産業の主力はバイオテクノロジー業界にあって、IT業界ではない。としている。


産業革命がイギリスで最初に興ったとき、蒸気機関を使った織物産業と人モノの移動手段としての蒸気機関車を引き合いに出して説明している。


産業革命の主力は、蒸気機関を使った工場での生産であり、移動手段としての蒸気機関車ではなかったと言っているのである。


見た目のインパクトとしては、それまでの移動手段である馬車に代わった鉄の塊、蒸気機関車が強いが、人々の生活様式を一変させたのは工場での生産の方だったと。 なぜなら、定時ではなかったかもしれないが、会社勤めという新しい概念がうまれ労働者は給料を貰えるようになった。


それまでの手作り家内工業ではなく、大量生産大量消費による新しい経済体制が出来たからである。


機関車はインフラであり、工場生産は多くの人々の生活を変えた主力であった。


これに当てはめると、


IT技術はインフラにあたり、バイオテクノロジーの進化は、人間の健康や寿命に関するものを一変させる主力産業となる。


といえる。


根拠2

iPS幹細胞の発明で、2012年にノーベル賞を受賞した山中伸弥教授は、日本人であり、この分野の最先端を行くことで有名である。


日本人の幹細胞採取の基準は、非常に厳格であらゆる感染症やDNA検査にまで及び、一定の基準をクリアしている人からしか採取されない仕組みとなっている。日本人から採取する幹細胞培養上清液は、安全性が高い。


よって、ニーズが高いと言える。


根拠3

医療費や現行医療技術では、投薬治療や外科的手術を行うことで、身体的、経済的負担が非常に重く掛かってくるが、幹細胞培養上清を使うことで、医療費は安く抑えることができ、身体的負担もない。


先端医療を行う医療機関では、既にこれらの医療サービスが始まっている。保険適用になる症例もあるが、非常に高額な医療である。


培養上清液を使うことで、安価で医療を受けることが可能になっている。


名古屋大学の上田実教授の書籍「脅威の再生医療 培養上清とは何か?」の中では、

・脳梗塞の後遺症

・アルツハイマー型認知症

・関節リュウマチ

・アトピー性皮膚炎

・花粉症

などで、著しい効果を実証済み、と書かれている。既に幹細胞培養上清には人の健康に関する効果が認められている。


事例

既にコスメ商品として多数販売されており、一定のリピート層を獲得している。ウェブやインスタグラム上でも、インフルエンサーを起用して商品の販売活動が行われている。 例 幹細胞のおすすめコスメ・化粧品ランキング14選!人気のヒト由来を中心に

https://the-nanpa.com/2018/08/16/kansaibou/ ヒト幹細胞コスメおすすめランキング!選び方で変わる?美容液もオールインワンも効果を徹底比較!

https://lady-cosme.jp/archives/149


結論

幹細胞培養上清液に関わる商品を販売する事業に携わることは、より利益を上げることが出来る。

但し、培養上清そのものは医療用として使われるものが主であるので、医療免許がない者が扱うには、美容コスメ製品に制限されることとなる。

【重要】これら培養上清液入りの化粧品は、肌をキレイにするだけでなく他の身体的トラブルをも修復してしまう能力をもっていることに着目しなければいけない。

この内容を確認出来る方法があります。 こちらのリンクからご確認下さい。 https://www.bes.center/blank-7

電話:080-3333-5004 Mail:sitarakouji@gmail.com​ Beauty&Earth Society 日本山形県西村山郡朝日町
特定商取引法に基づく表記​  プライバシーポリシー

  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle