元気な人からは元気を貰えるのであります

いつもお読み下さり、誠にありがとうございます。

日本環境教育実践会、山形の設楽でございます。




お正月も3日となりまして、あなた様には初詣に行かれまして、地元氏神様への新年の抱負などをご報告なされたものと思います。




わたくしめは、明日4日に初詣に行って参る予定であります。




とは言いましても、ここ和合平という僅か15軒しかない限界集落に於きましても、「山の神」と呼ばれている当地が開墾された江戸末期から親しまれている神様がおられまして、





地域住民、この地域に土地を持つ人々から静かに厚い信心を集めておられます。そして、神社のような社があるわけではないのですが、このスタイルは、





もしかしましたら、神道以前の原始的な日本古来の神々への感謝と崇拝の意を顕すやり方なのかもしれないと一人考えているわけでございます。




神社の建物の配置は、古代ユダヤ神殿の配置を全く同じである、という説がございまして、その説を採用するならば、神社のそれは古代ユダヤの信仰体系であると結論が出てくる訳であります。




古代ユダヤの信仰体系などと聞いて、驚かれる人もおられましょうが、私は特に宗教家でも神道家でも、なんでもないごく普通の日本人であります。





日本の各地、こと地方と呼ばれるところには、その土地の神様を祀るために、住民が当番制を敷いて、皆様が詣でるのに支障がないよう様々は配慮を行っているのではないでしょうか。




今年は、私どもの「山の神」様お祀りの後当番にあたっておりまして、他の当番の方々と準備やらお片付けやらをさせて頂いたものでございます。





さて、私どもの活動している名称が「日本環境教育実践会」と名乗っておるのでございますが、年末からお正月に掛けまして、非常に沢山の示唆に富んだ情報、Intelligence(インテリジェンス)を頂いているのでございます。




環境というのは、「運気を左右するもの」であるという考え方があるということを知り、大変驚いた次第なのであります。





どなたにも、どんな方にも運気というものが働いているそうでございますが、当然良い時もそうでないときも、健やかなるときも病めるときもあるわけでございます。





前回の新年のご挨拶の記事にも少しばかりなぞらせて頂きましたが、占いの世界には人智を超えた法則性が働いているようなのでございます。




その事にちらり気が付いたのは、昨年お目にかかった自称占い師、占い師としては明言していなくとも、その能力をお持ちの方々と連続してお会いする機会があったためと思うのであります。




その方々のことを、能力者と呼ぶ由縁がどことなく不徳なわたくしめにも感じられて参ったのでございます。




ここまで来る途上、わたくしめは非常に不遜な態度をした、人生はなんでも思い通りになるものと傲慢なる人生を送ってきてしまったまさしく不届き者でございまして、




少なくとも、2人の女性、そして2人の子供を不幸のどん底に陥れたものにてございます。傲慢というのは本当に食べられたものではございません。




しかし振り返れば、感謝なのでございます。





また、自分を卑下するのもこれまた傲慢の一種ということにございまして、今に言う「引きこもり」というものも、傲慢の態度であるということを知り、これもまた非常な驚きなのでございました。




といいますのも、わたくしめも所謂うつ病というものに罹ったことがございまして、人のいうことを真っ直ぐに受け取れない時分があったものなのでございます。





よくもここまで恥ずかしい人生を重ねて参ったのか、と思う次第であります。





そして、環境という言葉の意義、定義として運気と同義語である考え方があることに非常に驚いた訳でございますが、




運が悪いときには、お掃除などは真剣に出来ないものにございます。が、そうしたIntelligence(情報)があると知ってしまうと、




自分自身の運をコントロールする術がある、ということに想いが至る訳でもございます。




特に水回りは、気を付けるべきところだそうで、昨年暮れにはわたくしめが使わせて貰っている自宅の第3台所をこのように一気に整理させて頂いたものであります。




第3台所

この位なにもなくなりますと、お掃除も楽に出来るようになりまして固く絞った布巾でサッサッサ!と昔あったお掃除用具のような手軽さで一気に磨き上げることが叶うのであります。





そうしますれば、私自身の心も、共に住まう両親の心も一気に軽やかになって、明るい笑顔、前向きの言葉、




今では母とわたくしめのいじられ役となってしまった父と、未来を悲観することなく明るいお正月を過ごさせて頂いているのでございます。




世界の最先端を行く超高齢社会の日本では、どこへ参りましても高齢者の健康がテーマでありましょうし、また未来を紡ぐ子供達へ元気なおじいちゃん、おばあちゃんの姿を見せ続けることほど、




元気を与えられることはありません。その元気な姿を与えられる切っ掛けは、やはり自分以外にはないのであります。




もちろん、これをお読みのあなた様ご自身のことでもあります。




昨年暮れからご紹介させて頂いておる、水素ポッドなどの水素シリーズは、まさしく身体の中に発生している様々なゴミ、細胞の不具合を引き起こす元凶と言われる悪玉活性酸素、ヒドロキシラジカル




を、単純な化学反応で一気に単なるH2O水として体外へ難なく排出してしまうものでございます。




今朝1月3日の早朝から、両親が大騒ぎしている声で目覚めたものにございますが、確か父は失語症を患いうまく言葉が発せられないはずだったものが、母と対等に喧嘩をしているのでありました。(密かに喜んでおるのであります)




水素などは目には見えないものでございますが、物質文明社会を謳歌して参った私達にとりましては、身体に溜まった毒としての悪玉活性酸素をものの見事に取り去って貰えるのでございます。









目に見えないものがこれからの世の中を支配していることが益々明らかになって行くことでありましょう。




自らを生かすのも、またそうしないのも、恐らく目に見えないものの働き如何なのかも知れません。まだまだ学び多き日を過ごしているところではありますが、




こうした目に見えない何かが、社会の様々な分野に於きまして重要な位置をしめていくことになりましょう。




本日も最後までお読み下さり、誠にありがとうございます。

20回の閲覧

電話:080-3333-5004 Mail:sitarakouji@gmail.com​ Beauty&Earth Society 日本山形県西村山郡朝日町
特定商取引法に基づく表記​  プライバシーポリシー

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle